【Column1】スタイルを選ぶ

第1回目は「スタイルを選ぶ」です。

「カーテンの選び方」というようなマニュアル的なことではなく、ここでは当店がどのように考え打ち合わせを進めているのかをご紹介します。

カーテンを選ぶというと色・柄を選ぶことはもちろんですがどのスタイルをどの窓に当てはめるか、ということもとても重要です。

それはカーテンの使い勝手に大きく影響し、毎日使い目にするものだからこそです。

そのセレクトを間違えてしまうと日々の生活にストレスを感じてしまったり、後悔してしまったりと悲しいことになってしまいかねません。

当店は打合せの際にご検討中の窓はどんな使い方をする窓なのか、窓の周りには家具を置くのか置かないのか、動線はどうなるのか、etc.

窓の使い勝手をお伺いします。

図面をお持ちであれば、より具体的にご説明をさせていただけます。

その為図面をお持ちいただけるとお話ししやすいです。

例えばシェードやロールスクリーン等アップダウンで操作するものを希望される方は多いのですが、掃出し窓で出入りのある窓の場合アップダウン操作が面倒に思われる場合があります。

また人通りの多い通りに面した窓には視線が気にならないような操作性のあるプリーツスクリーンなど、その場や使い勝手に合う「スタイル」があるのです。

カーテンのスタイルにはそれぞれ長所短所があり、それがその場に合っているかどうかは重要です。

その点については打ち合わせの際に私自身の経験から「合わない」と思われるものには、それをはっきりとお伝えするように心がけています。

そして日常のお手入れや日々使ううちに起こりうる事柄等、できるだけ丁寧にご説明させていただいております。

ただ、空間のインテリアイメージも重要になりますので、上記をきちんとお伝えしたうえでどのスタイルを選ばれるのかをお客様ご自身に選んでいただいています。

理想のインテリアに仕上げるには多少の不便も苦にならなかったりしますもんね。

その気持ちもよくわかります 笑。

お客様とのヒアリングを進めていくうえで、お客様に「優先順位」を見極めていただくのが重要だと考えます。

それだけカーテンは生活の中での影響と、空間の印象に大きく関係してくるのです。

ちょっと堅苦しくなってしまいましたがそれをきちんと検討して選ばれたら、後々後悔されることもないのではと思います。


最新記事
アーカイブ

〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町13-4 

TEL:075-392-2561 FAX:075-392-2562

© 2023 by Dawkins & Dodger Architecture. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now